中学受験成功のためには親子の2人3脚が必須

中学受験成功のためには親子の2人3脚が必須

中学受験は大学受験などに比べて、難しい部分があります。
その一番難しいのは、大学を受ける高校生はだいたい自分なりの「勉強をするスタイル=勉強の仕方が決まっている」のに対して、中学を受ける小学生はまだ「勉強の仕方を知らない」からです。

ですので、高校受験は、進学校に入れるか、進学塾に入れれば、基本的に親は、少なくとも勉強の内容については関与しなくても大丈夫ですが、中学受験の場合は、そこまで親が関与しなければ、なかなか合格がおぼつきません。

具体的には、中学受験の場合はだいたい進学塾に行かせると思いますが、そこから帰ってから、塾で習ったこととを子供と親で復習することが非常に重要です。

塾はやはり一方通行ですので、完全に子供が理解するまで付き合ってくれません。
それを、親と一緒になった復習で、内容を振り返り、完全に自分のものにしてしまうことが、合格するために一番大切なことなのです。

これをしておくと、毎回の塾の内容が確実に頭に入るので、成績は目に見えて上がってきます。
親にとっては非常に手間がかかって大変なことだと思いますが、中学受験に成功すれば、そしてそれが中高一貫校などであれば、その先の苦労は1つ少なくなりますので、がんばって2人3脚で乗り越えましょう。

お知らせ